50代からの治療・メンテナンス

50代からの治療・メンテナンス
一生じぶんの歯で
食事をおいしく感じたい。
「ちょっと気になる」が歯のSOS
  • 物が挟まる・詰まる
  • 口臭が気になる
  • 歯がぐらつく

こういった症状はありませんか?
「ちょっと気になる」と思ったら、それは歯のSOSのサイン。
いつまでもご自身の歯で美味しく食事をいただくためにも、ちょっとしたお口の変化に気づいてあげることが大切です。

差は開くばかり。

「若いときはどうにかなっていた」そんなことはありませんか?
年齢を重ねれば重ねるほど、お口の健康を取り戻すためにかかる期間も増えてしまいます。
早期に治療した方とそうでない方では、健康と若々しさの差は開く一方です。
「まだ大丈夫」と思わず、一度ご相談ください。

入れ歯になるのではないかと
心配されている方へ
「先延ばし」が一番の大敵。

同じ症状でも人によって治療方法は千差万別。
ご自身では入れ歯(義歯)になるのではないかと心配されていても、別の治療方法があるケースもあります。
「先延ばし」が一番の大敵。少しでも気になる箇所があったら、ご自身で判断せず、まずはご相談ください。
「まだ大丈夫」なうちに治療をすることで、治療の選択肢を広げることができます。