佐藤歯科クリニック・ラボ

2017年08月24日(木)
歯を白くするってどんなこと?

 最近の歯科の動向の一つに、歯のホワイトニングというのがあります。“歯を白くすること”で、その中には歯科医院であれこれの清掃用の機械を用いて、歯についた汚れを取り除き、歯の持つ白さを表現することから、歯を削って今より白い色のかぶせものをするとまで含まれますが、今話題になりつつあるのは、歯の表面から薬剤を浸透させて、歯の中に含まれている色素を分解し、歯を中から白くしようとするものです。このようなホワイトニングの方法は、特にブリーチングつまり漂白と呼ばれ、歯を削らないままで白くするというのが特徴です。

 

 このブリーチング、もともとはアメリカで行われてきた技術で、日本で注目され始めてまだ日が浅いのですが、私の診療所では、“結果的に”いち早く取り入れました。と言いますのは、私の所属している研究所のメンバーの中に、ブリーチングについて数年にわたる研究と試行錯誤を経て、アメリカの方法の鵜呑みではない臨床方法を確立した先生がおられ、歯科医や衛生士を対象に講習会を開くまでになりました。私も研究所のメンバーであることから、スタッフの一人として、そのお手伝いをするようになりました。スタッフですから、講習の中身について知りませんという訳にはいかないので勉強せざるを得なくなり、それで“結果的に”早くからフリーチンクを取り入れることになった、というのが実情です。

 

 さて、このブリーチング、雑誌などで次第に取り上げられてくる一方、これまでの“治療”という考えの染み込んだ私たち歯科医にとって収まりにくいところがあり、医院に取り入れようかどうしようかと戸惑う向きもあるようです。私自身、研究所のメンバーとしてかかわっていなかったら、ブリーチングに関する知識や技術に触れるのがもっと遅かったでしょうし、やはり初めは戸惑いがありました。歯を白くするって、どんなこと?

 

 ところが実際にブリーチングをスタートしてみると、患者さんが次々と、その答えを下さるようになりました。

 

 ある患者さんは、歯を白くしたことをきっかけに、歯磨きがとても丁寧になりました。「これまでは歯のことなんてあまり関心が無かったけれど、ちゃんと治療をして、その上こんなにきれいになると、自然に大事にしようと思うようになるもんですね」とおっしゃいます。またある方は、「歯を白くしてから安心して笑えるようになった」とおっしゃいます。それが、すでにお子さんが独立なさっておられるような年代の男の方だったりするものですから、かえって私の方から「気になっていたのですか?」と伺ってしまうようなありさまです。また、あるOLの方は、お友達は車を買ったけどと、お小遣いを歯列矯正治療につぎ込みました。「矯正が終わったらブリーチングをしたいなあ」と、装置をはずす日を心待ちにしています。実際、矯正治療を終えてブリーチングをなさる方は多く、皆さん楽しそうです。

 

 そんな中で、咬み合わせ治療をしておられた60代の女の方がありました。その方は、歯にかぶせ物も無く、ご自身の歯が皆そろっていましたが、歯並びのバランスが体と合わないために、立っていてもボートの上にいるみたいにゆらゆらと体が安定しませんでした。その上、腰も痛くて長く立っているのは辛いので、台所に椅子を用意しておいて、お料理や洗い物をする時には、腰をかけてなさっていたそうです。

 

 咬み合わせの高さが足りないことが主な原因でしたので、スプリントと呼ばれる取り外しのできるプラスチックの装置で治療を進めてきましたが、いろいろな症状も無くなって、いよいよ治療の仕上げを考えるときがきました。

 

 上下の奥歯の高さを増やすことにしましたが。金属ではなく歯の色に合わせた白い材質のもので歯に継ぎ足しをして、なるべく治療したことを目立たせないことにしました。さて色を選ぶ段になって、ふと思いつき、ブリーチングのことをお話してみました。すると大変喜ばれ、「年齢とともに濃くなった色が気になっていましたが、あきらめていました」とおっしゃいました。加齢による歯の変色は、ブリーチングが得意とする範囲ですので、順調に求める白さが得られました。

 

 「一年前には、この体を一生引きずっていかなければならないのだと思っていました」とおっしゃるその方の口元からは、若々しい澄んだ白さの歯がのぞき、笑顔にさらに晴れやかさが添えられていて、素敵でした。